一筆参上 from T-補綴. jp


「OB戦」

 大学生時代サッカー部に所属していたこともありまして、先日、サッカーのOB戦に参加しました。OB戦と言いましても今回は現役と対戦するものではなく、他校のOBの先生方と対戦する、いわゆるOBチームによるOB戦でした。参加校は徳島大学の他に岡山大学、広島大学、大阪大学、大阪歯科大学、福岡歯科大学の計6校でした。写真は、右が徳島大学、左が福岡歯科大学です。参加にあたっては幹事の岡山大学の先生から、歯周歯内治療学分野の湯本浩通先生の元に連絡があった後、参加者を募り、14名が集まりました。試合形式は20分×4本だったのですが、平均年齢、普段の運動の程度を考慮すると、「厳しい」あるいは「危ない(?)」という声もあり、口腔外科学分野の眞野隆充先生をはじめ、岡山大学出身ですが現あるいは元徳島大学所属の3名の先生方に徳島大学チームとして参加して頂けることとなり。最終的には17名のチームとなりました。会場は徳島から車で2時間半程度の所にある「J-GREEN SAKAI」という大阪府堺市のナショナルトレーニングセンターでした。クラブハウス、宿泊施設等もある非常に立派な施設で、土日は学生のリーグ戦、イベント等がありなかなか予約が取れないそうです。この日も朝7時の早朝から地域のサッカーチームが試合をしていました。僕自身は当初、撮影、線審係で参加しようと思っていたのですが、少しだけ試合に参加しました。ボールを蹴るのは7年ぶりでした。結果は1引き分け、3敗でしたが参加された先生方全員怪我なく終わることができました。試合後にはクラブハウスにあるレストランでビュッフェ形式の懇親会が行われました。トレーニングセンターのビュッフェということもあり、普段口にするビュッフェの品と比べて心なしかヘルシーな内容だったような気がします。試合は疲れましたが、帰りに淡路島のサービスエリアでタコ串も食べることができたし、無事に帰って来ることができホッとしております。また、筋肉痛の奴が来るのは仕方ないと覚悟しておりますが、想像もしていないようなひどい奴が来ないことを今は祈っております。 (後藤)