• 連載
  • スタッフ紹介
  • 年間スケジュール
  • 研究テーマ
  • 研究室紹介
  • 新着情報
  • 連載
  •  のリスト

    一筆参上 from Tー補綴.jp


    ぼんやりしています  コロナのおかげで何処にも行けず、家でぼんやりする生活が1年以上続いています。先日ぼんやりと広瀬中佐のことを考えていたのですが、そう言えば詩吟で「杉野、杉野」というところはどんな感じだったかな、と検索してみると、便利な世の中ですね、YouTubeに動画がありました。もとの漢詩は鈴木豹軒によるもので、書き下し文と見比べながら、頭の中でレ点だの一二点だのを付け足すのは、引きこもりで腐りかけた脳の活性化によさそうです。  古文漢文は必要ないから選択科目にしてはどうか、と、某掲示板サイトの元管理人が言ったという記事を少し前に読みました。「古文・漢文は、センター試験以降、全く使わない人が多数なので、『お金の貯め方』『生活保護、失業保険等の社会保障の取り方』『宗教』『PCスキル』の教育と入れ替えたほうが良い派です」とのことです。読みながらミルコ・クロコップのミームが頭に浮かびましたが、こういうすぐに役立つ学問が今後ますます優先されていくのだろうな、と感じました。ふと思い出したのは、春風亭柳朝が「10代で覚えた噺は忘れないから若いうちにたくさん噺を覚えろ」と弟子に言ったという話。確かにうんと若い頃に覚えたこと、流行歌やCM、教科書に出てきた一文、化学記号の語呂合わせなどなど、一節聞くと、あとはつらつらと出てきます。冒頭の広瀬中佐に至っては園児の頃に聞いていた詩吟です。高校生なんて人生の中でまだまだ脳みそゴールデンタイムだと思うので、記憶する力が優れているうちに、将来役に立つかどうかを超えていろいろなことを学んで覚えてみるのは、年を経て思考が後ろ向きになったときの慰めになるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。  そんなことを考えている現在、もはや新たな知識はなかなか定着しません。見事に右から左へ超特急で吹き抜けていきます。そこで、脳の腐敗防止チャレンジとして百人一首を覚えてみようと思いたちました。例の漫画も読んでおらず、百人一首といえば坊主めくりしかしなかったくちですが、今のところ落語に出てくる歌は覚えています。万葉集から採られた歌もたぶん大丈夫。では残りは何首?と、いそいそと関連本を購入しました。なぜこんなことを書いているかというと、実は先ほど、そういえばそんな本を買ったなと思い出したのです。  先月、今月と怒濤の展開で、気がつけば、半年くらい先だろうと思っていたこの一筆参上の順番が回ってきていたので慌ててここまで書いたのですが、世の中も怒濤の展開で、いつの間にやらコロナの情勢が落ち着いているようです。職業柄ある程度自制するのは仕方がないことですが、この小康状態、せっかくですので「書を捨てて町に出よう!」、マスクをして人混みのない、どこか空気のきれいな山城に行ってみようと思います。百人一首はその後で(そしてこの決意を忘れるまでがお約束)。 渡邉 恵 写真は二本松城址から望む安達太良山 in 2018

    一筆参上 from Tー補綴.jp


    サステイナブル  SDGs(Sustainable Developmental Goals)という用語を含め、サステイナブル(持続可能な)という言葉を最近よく耳にします。環境を保全し、将来世代の利益を損なわないことを前提にした持続的な社会発展や改善を目指そうということのようです。まさしく補綴の意義の第一にあげられる「残存組織の保全」をしながら、口腔の機能と形態の改善、維持を目指すと同じスタンスです。しかし、私自身、この持続的というか、コツコツと1つごとを続けることが大の苦手です。その私がしているサステイナブルな4つのことを「一筆啓上」でお話ししたいと思います。  胡蝶蘭の鉢が今教授室に6つ並んでいます。6本立ての胡蝶蘭を貰い、咲き終わったものを分鉢し、育てています。胡蝶蘭は私のような無精には意外とあっているようで、時々水をやれば生きながらえてくれます。冬に運が良ければ花芽がつき(画像1)、春頃には花をつけてくれます。現在3回冬を越し、花芽がつく確率は6,7割程です。さあ今年はどの程度咲いてくれるかです。  チューリップは3年前に初めて花壇に植え、そして咲き終わったら6月頃に球根を掘り出し、乾燥させ,11月頃に植える為に風通しのよいところ保存しました。ただずぼらな私は、植えるのを忘れてしまいました。そのまま1年ほったらかしていたわずかに残った球根から,今年わずかに咲きました。そのわずかな球根を掘り出し、現在保存をしており、さあ植えようと思っているところです。  ヒマワリは、ヒマワリ畑(徳島は、阿波・吉野川市にある吉野川の川中島の善入寺島が有名:画像2)というのを見てからいつからか好きになり、昨年初めて庭に種を蒔き、咲かせました。そして、ヒマワリの花から種を取り、今年植えたら、なんとか芽を出し、咲きました(画像3)。今年も無事に種を取りましたでので、来年につなげたいと思っております。  最後に,メダカです。母親が1人で暮らす実家にはメダカが飼われており、ときどき産卵しておりました。今年の7月に同窓会東海支部の講演時に帰省したときに、瓶にメダカを入れ1泊2日の旅行に耐え、徳島に無事に連れてきました。現在自宅の水槽と教授室の水槽(画像4)で元気に泳いでおります。私の退職まで生きながらえてくれるか、あるいは継代してくれるか退職までの大事な仕事になっています(笑)。  この「サステイナブル」は大事なことと思いますが、この言葉が使われると私のようなものには、どうも胡散臭く聞こえてしまいます。「行く川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたかは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。」鴨長明の方丈記の書き出しです。「サステイナブル」と言う心地よい言葉より、ブレークスルー、カタストロフィーといった言葉の方が個人的にはすっと入ってきます。あまのじゃくの証拠でしょうか。 市川哲雄 画像1 昨年の花芽(黄色矢頭),過去に花を持った花茎(白色矢印) 画像2 善通寺島のヒマワリ畑 画像3 昨年初めて咲いたヒマワリから取った種で咲かせた今年のヒマワリ 画像4 教授室の水槽で元気に泳ぐメダカ達

    一筆参上 from Tー補綴.jp


    シリーズ「愛犬と生きる」その2 愛犬と散歩中に野生猿の群れに囲まれたら  「犬猿の仲」と申しますが、本当に犬と猿は仲が悪いのでしょうか?「犬猿の仲」の語源をネット検索してみました。神様が十二支を決めるため動物を呼び出した際に、犬と猿は仲良く一緒に神様のもとへ向かっていました。ところが、途中で猿が犬にいたずらを仕掛けて先に到着したことから犬は猿を恨むほど嫌いになったとか、縄張り意識の強い猿は猟犬に出くわすと激しく威嚇するので、それを見た人間が犬と猿は仲が悪いと思い込んだとか、昔から人間と近い距離で生活している犬は、飼い主を含む自分の縄張りを守ろうとするのに対して、猿は群の縄張りを守ろうという意識が非常に強く、対立し合う両者の性質の違いが由来となったとか・・・これ以外にも諸説あり、犬と猿は仲が悪いものだと思い込んでいる人は少なくありません。  私の家は徳島県鳴門市大麻町というところで、近所では猿が頻繁に目撃されます。群れから離れて近所の家のフェンスに上っている猿(写真1)も見かけますが、群れで生活していることがほとんどです。テレビで猿が街中に出没したというニュースを見ることもありますが、我が家の近所では当たり前のことです。実際に調査した訳ではありませんが、大きな群れになると目測で2,30匹で行動しています。犬の散歩では時々群れに出会しますが、犬と一緒だからという安心感と、犬と一緒だと刺激しないだろうかという不安が混在しています。  かんた(令和元年5月1日:令和の初日にアップした、『シリーズ「愛犬と生きる」その1 飼い犬に手を噛まれたら』参照)が生きていた頃のことです。初夏の朝で天気も良く、散歩するにはとても気持ちの良い日曜日でした。いつものようにかんたと散歩に出ましたが、散歩日和ということもあり、いつもと違う長めのコースを選びました。かんたも気持ちが良かったのか、老犬にしては軽快に私の前を軽快に歩きました。普段は人が立ち入らないような遊歩道を上っていた時のことです。すぐ近くで小猿の甘えたような声が聞こえました。立ち止まってあたりを伺うと、右に小猿を連れた数匹の猿。左にはさらに多くの猿。そうです、猿の群れの中に入り込んでしまったのです。若い頃のかんたは遠くの猿にも敏感に反応していましたが、すでに老犬となってしまったかんたには、猿の群れに入り込んだこともわかっていないようでした。先に気がついた私はちょっとしたパニック状態で、その場で立ち止まりました。猿にしてみれば、犬を連れた人間が群れに入り込んだわけですし、小猿も一緒なので黙って見過ごされることはないと思い、静かに、でも、迅速にかんたのリードを引っ張りながら後ずさりし、群れを出たと思われるところで、全速力で逃げ帰りました。  異常気象により森の木の実が減ったのか、最近ではいよいよ我が家の近くまで猿が出没するようになりました。今年の春には、我が家のフェンスに上って防鳥ネットを掛けた庭のさくらんぼを狙っていました(写真2)。残念ながら写真は撮れませんでしたが、我が家を訪れたのは初めてのことです。また、その数日後には我が家から数十メートルのところを散歩中に猿と遭遇しました(動画1)。これ以上のご近所付き合いは勘弁してほしいものです。  ニホンザルは人間に近い感情をもっていると考えられています。自分の感情に素直なため、理性で抑えることはなく、個体によってはかなり攻撃的なこともあり、野生のニホンザルにはむやみに近づかないほうが賢明のようです。とくに、春から夏の繁殖期では群れに小猿がいるので、警戒心が強いイメージがあります(個人的な実感)。ニホンザルと遭遇したら、目を合わせないようにしてそのまま立ち去るのが一番のようです。これを最後まで読んで頂いた方々のご参考になれば幸いです。  次回(いつになるかわかりません)は、シリーズ「愛犬と生きる」その3 愛犬の加齢と認知症、そして別れ、を予定しています。 永尾寛 写真1:群れから離れて近所のフェンスに上っている猿 写真2:猿が上っていた我が家のフェンス 動画1:ごく近所を散歩中に猿と遭遇

    一筆参上 from T-補綴. jp


    「ルンバとブラーバ」  恥を忍んで申し上げますが私は掃除ができません。医局の私のデスク周りの惨状をご存じの方は納得されると思いますが、清掃能力に欠陥があります。自宅ではゴミ出しだけはかかさず行うため、ペットボトルや生ゴミがあふれるいわゆるゴミ屋敷にはなっていませんが、油断すると床に埃と髪の毛が積もります。しかも、かなりの確率で油断します。  何とかして普通にきれいな部屋で過ごしたいものだと思い、自分の努力に期待することは潔く諦め、2018年の引っ越しを機にルンバ(アイロボット社のロボット掃除機)を購入しました。ルンバの勤勉さは驚くばかりで、毎朝10時から1時間強の時間をかけて、床の埃と髪の毛を根こそぎ回収してくれます。あとはルンバが苦手とする部屋の隅に花王クイックルワイパーをかけるだけで、まるでちゃんと掃除をしているかのような仕上がりです。たまに玄関の段差から落ちかけて停止していたり、迷子になってホームベースに戻りそこね、思わぬところで充電切れで立ち往生していることはありますが、非常に優秀な働き者だと言っても良いでしょう。難点は作動音がとても大きいことですが、これは留守の間に働いてもらうことで難なく解決できます。それから机の脚などにガンガンとぶつかることがありますが、こちらは、ぶつかられると悲しくなるような高級家具を一切置かないことで対処しています。  さて、ルンバの活躍により床はまあまあきれいな自宅で、ソファにめり込んでテレビとゲーム漬けの廃人生活を送っていた昨年のお盆休みのことです。テレビショッピングにブラーバ(アイロボット社の床ふきロボット)が登場しており、私の掃除嫌いの血が騒ぎました。ブラーバを買えば、クイックルワイパーさえもかけなくても良いに違いありません。webの口コミでは、専用クリーニングパッド/クロスがかなりお高いと書いてあったので、貧乏性の私は、ランニングコストを抑えるために市販のお掃除シートを使用できるモデルを選びました。から拭きは使い捨てのお掃除シートを、水拭きは付属のぞうきんのようなパットを使いますが、どちらを使ってもとてもきれいになるので本当に買って良かったです。本体購入時に強力タイプの「花王クイックルワイパー立体吸着ウエットシートストロング」もおまけで付いてきたので、時々使えば除菌効果が期待できます。私が購入したモデルは、ルンバと違って留守の間にスケジュール運転をすることはできませんが、作動音がとても静かなので在宅中に働いてもらっても何の問題もありません。音もなく近づいてくるので、踏みつけてしまわないようにだけ気をつければOKです。  購入から1年がたち、床掃除から完全に解放された私に残された課題は、床以外の掃除です。以前は、幅木の上はクイックルワイパーで部屋の隅を掃除するときについでに拭いていました。クイックルワイパーからブラーバにバトンタッチしたせいで、幅木の上にうっすら埃が積もっているのを見た時は心底がっかりしました。今は、壁面にあるちょっとした出っ張りについた埃をなかったことにしてくれる、すてきなお掃除ロボットが開発されるのを首を長くして待っています。(岩本)

    一筆参上 from T-補綴.jp


    初めまして。今年度より、第一補綴科に入局した小西です。私は都会のデパ地下や洋菓子店を巡るのが大好きなのですが、昨今は気軽に出かけることが叶わない日々が続いています。そんな私が最近ハマっているのが、スイーツのお取り寄せです。暇さえあれば、SNSを利用して様々なお取り寄せスイーツを検索しています。そこで、今回は、お取り寄せも可能な私のおすすめチョコレート菓子BEST3を紹介します。 第3位・・「ヴィエネッズィ/BABBI(バビ)」 これは、数年前の冬、阪急うめだ本店のデパ地下で出会ったお菓子です。クリームを挟んだウエハースにチョコがコーティングされたシンプルなお菓子ですが、初めて食べたときは、こんなに美味しいウエハースチョコがあるんだと感動しました。秋冬限定なので現在は買えませんが、バレンタインシーズンなどは高島屋オンラインショップ等で購入できます。卒業旅行でイタリアへ行った際は、日本よりもかなり安い値段で売られているのを見て大量購入しました。 BABBI公式サイト:https://babbi.co.jp/products/wafers-chocolate/ 第2位・・「バウムシュピッツ/ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」  初めて食べたのは、ルクアイーレの地下に「イセタンフードホール」があった頃です。現在は京都や新宿の伊勢丹、名古屋や広島の三越に店舗があります。ほんのりマジパンが効いたバウムクーヘンに、甘さ控えめのスウィートチョコレートがかかったお菓子で、間にアプリコットジャムが挟まれています。その他期間限定の味もあり、つい先日も三越伊勢丹オンラインストアで取り寄せました。 購入できるサイト↓(12個入り1728円) https://www.mistore.jp/shopping/product/900000000000000000115502.html 第1位・・「シャポーショコラ/Satie(サティー)」  小学生の頃、名古屋三越栄店のデパ地下で試食をもらったその日から、何度もリピしたチョコレート。これまでいろいろな高級チョコレートを食べてきましたが、比較的手ごろな価格で美味しいチョコレートはなかなか出会えません。 公式オンラインショップ:https://satie-choco.co.jp/online-shop/  なかなか遠出できない日々が続いているので、皆さんもお取り寄せで全国各地の美味しいグルメを堪能してみてください。 【番外編】~忘れられないチョコレートケーキ~ これから紹介するのは実際に店に足を運ばないと買えないのですが、県外へ自由に移動できるようになったらすぐにでも食べに行きたいチョコレートケーキです。 「カライブ/なかたに亭」(写真1枚目左) なかたに亭は大阪の上本町にある有名店で、そこの人気No.1のケーキです。今までで4回ほど行きましたが、このケーキは必ず買ってしまいます。チョコレートが好きな人には是非1度食べて欲しいです。 「クリスマスデコレーション-チョコレート/ケーキハウスツマガリ」(写真2枚目) ツマガリは神戸や梅田の大丸のデパ地下に入っており、クッキーやパウンドケーキなど焼き菓子がとにかく美味しい老舗です。生菓子は甲陽園本店でしか買えず、一昨年のクリスマスに初めてクリスマスケーキを注文しました。生チョコクリームのホールケーキはどこのケーキ屋にも大体あり、いろんな所のケーキを食べてきましたが、ツマガリは別格です。クリスマスにこのケーキを買いに行ける日が訪れるのを心待ちにしています。

    一筆参上 from T-補綴. jp


    「One Year After COVID-19 Declared as Pandemic – Newly Enrolled Student Point of View」 Hello everyone. My Name is Adit, a first-year graduate student in Prosthodontics and Oral Rehabilitation Department which enrolled during COVID-19 pandemic starting from Autumn 2020. I would like to share my experience on enrolling my Doctoral study in Tokushima University during this pandemic. After going through this pandemic for over than one year, what do you think about it? What’s the difference in our daily life? I would like to share my experience as an International student that enrolled during this pandemic. I supposed to enrol my study in Tokushima University from April 2020. At that time, just a week before my departure to Japan, my VISA becomes invalid, therefore my flight was cancelled due to the Japan’s travel restriction measures on COVID-19 prevention, until undecided time. Every month, I must call Japan’s Consulate General Office in my country to make sure when it’s possible to go to Japan. Finally, the long wait is over. I got informed that I can start my study in October 2020. However, there are some additional documents and examination such as Real-Time PCR test. My arrival to Japan was at the end of October, and I had to follow 2 weeks quarantine measure in a hotel near Narita International Airport. Therefore, I came to Tokushima in the middle of November, which is later around more than 1 month than the scheduled enrolment period. Therefore, I could not attend some classes, but fortunately there was one on demand online class that I can take at that time. As a first-year Doctoral student, besides performing research, I also joined Intensive Japanese Course provided by Tokushima University to learn Japanese Language for my daily life. This course method was also affected by the pandemic. Instead of performing face-to-face class daily, there was only 2 times offline classes every week, and the rest was performed online. Regarding to language learning, the interactions in face-to-face conversation, hiragana/katakana/kanji writing evaluation is better compared to online. Moreover, there are also some cultural activities that usually provided in this class which being cancelled due to pandemic. In my opinion, although this pandemic has made undesirable experience in our life, sometimes it also leads to some positive behaviours too. For example, in a health perspective, a lot of people starts to be aware about the importance of hand hygiene, maintaining healthy state by performing exercise and nutrition selection to maintain immune system, and so on. In terms of working method, some places which previously doesn’t familiar with digital technologies, started to adapt with this condition in terms of online meeting, classes, and other systems. Currently, many countries had been started the vaccination on COVID-19, including Japan. I hope this pandemic will be over soon so that we can do some activities as we supposed to do back then. Adityakrisna Yoshi Putra Wigianto

    「阿波踊りのない日々」


    皆様お久しぶりです。2年半ほど前に阿波踊りについて投稿していた藤本です。 徳島といえば阿波踊り、阿波踊りといえば夏の風物詩といったイメージが強いかと思います。しかしここ徳島では、前回も少しふれたように思いますが阿波踊り会館やイベントの余興などで一年中阿波踊りを見ることができます。そんな中昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により夏本番の阿波踊りも戦後初めて中止され、イベントや阿波踊り会館での踊りも相次いで中止となりました。連に所属して年中踊っていた私ですが、3月からは全く踊ることなく、街中で阿波踊りの音色を聞くこともなかった今年の夏はあっという間に終わりを告げ、四季を感じることもないまま新年を迎えてしまいました。 徳島では感染者数は少なめではありますが全国的にみるとまだまだ猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症。この状況がいつまで続くのか不安を抱えながらの生活が続きますが、各々が今できる対策を精一杯行っていくことが元の生活に戻る近道なのかもしれません。一刻も早くコロナが終息し、またみんなで笑って踊れる日々がくることを願いながら過ごしていこうと思います。最近は寒暖の差が激しいですが、皆様もお体に気をつけてお過ごしください。(画像は2年前、今はなき徳島そごうの開店35周年記念のときのものです。) (藤本)

    一筆参上 from T-補綴. jp


    「Flashback 2019」 “Minna san ogenki desuka”? How are you, everyone? I hope we stay healthy during this tough condition of pandemic Covid-19. This situation has occurred almost 1-year since the first case in December 2019, in Wuhan-China. Meanwhile, the first infected people in Japan has been confirmed in January 2020 by the Japanese government. All the people in this world are still looking forward to producing the vaccine for overcoming this situation. For continuing our life, we should ensure to renew our activities- style which recognized as “new normal” by Covid-19 protocol. In this case, we might suppress the infection spread of Covid-19. At this time, I would like to share with you some external activities as a graduate student at Tokushima University. Of course, these pictures have been taken before the pandemic. In May 2019, I had a chance to attend the conference of the Japan Prosthodontic Society (JPS) in Sapporo, Hokkaido. I acquired a lot of knowledge particularly to update the procedures, technology, and clinical skill in prosthodontics treatment. Besides, I could enjoy seeing the magnificent city of Sapporo at night, eat delicious fish, and feel the cold weather. In June 2019, The International Affairs of Tokushima University held a tour for international students with the theme “Understanding Japanese Culture and Business Industry”. What a lucky person I was because there were only limited seats to join this activity. We tripped to Hyogo Prefecture, the first place was “The Great Hanshin-Awaji Earthquake Memorial”. This place was so interesting, informative, and educating. We could look at a lot of pictures, documentary collections, and mockups regarding the earthquake situation. Moreover, we were glad to see the theater with 3D glasses and it made us more aware to prepare for the earthquake disaster. On the next trip, we visited Himeji Castle or also, known as “white heron castle”. This castle was so large, sturdy structure, and spectacular. We were not only learning about the history of Himeji Castle but also, we could perceive the fresh air and nice view surrounding the castle. Subsequently, I had an opportunity to follow the 3MT Competition in Hiroshima as one of the representation students of Tokushima University in September 2019. It’s a precious experience that I could present my research idea in an astonishing stage. From the stunning students, I learned many things to be an outstanding public speaker such as dynamic of voice modulation, more confidence, and another communicating skill. By the way, I also suggest inserting Hiroshima City as one of your destinations if you will visit Japan. There is really convenient place for the visitor and belongs to the beautiful scenery. These are some experiences from the outside activities, I hope the normal condition will recover as soon as possible. The pandemic of Covid-19 is not always providing hardship situation, yet it can give us a positive way if we are staying positive thinking. Stay healthy and blessed all. Thank you. Mohammad Fadyl Yunizar, Graduate Student of Oral Sciences.

    一筆参上 from T-補綴. jp


    「かき氷」 皆様お久しぶりです、岸本です。前回からほぼ2年が経過し、現在は大学院4年生です。また、今年の4月から歯科放射線科の助教として社会人大学院生となりました。新しい環境で今一度勉強することも多いですが、精進して参ります。 さて、今年は例年に比べて特に暑い夏となっており、最高気温が40度に近いところも多く見受けられました。今世間を騒がせている例のウィルスに加えて、熱中症にも気を付けなくてはなりませんね。そんな気候だったため、今年の夏はかき氷を食べにいくという機会が多かったです。ということで今回は、行ってみて良かったと思うかき氷のお店をおすすめしたいと思います。 「滝の焼き餅 和田の屋」 徳島駅から向かって、眉山の麓にあります。徳島名物である滝の焼き餅の本店です。 もちろん焼き餅も食べられます。かき氷は、和三盆と宇治抹茶、すだち、ももなどの種類がありました。私はすだち味を食べましたが、絶妙な甘酸っぱさであっさりとして、清涼感抜群でした。和三盆も濃厚かつ上品な甘さで人気が高いようです。また、私が行った日はとても暑かったのですが、山の緑に囲まれているからか店内は結構自然な涼しさがあってとても居心地が良かったです。 「パティスリー・リゼット」 弁天橋の南側にあるお店です。徳島ラーメンの「やまきょう」のすぐ向かいくらいにあります。主にはケーキ屋さんなのですが、午前11時からかき氷もやっています。シロクマ、ショコラ、マンゴー、ミックスベリーの4種類がありました。氷がふわふわで綿のようです。私はベリーを食べましたが、氷にミルクベースのような濃厚さがあり、これまた絶妙な相性でとても美味しかったです。ちなみにこのお店、私の住んでいるところから徒歩5分くらいの位置にありました。灯台下暗し。近所なので、他の味も制覇したいところです。 お店は他にもありましたが、今回は特に2軒ほどに絞らせていただきました。私の拙い文章ではうまく魅力が伝わるか不安が残りますので、気になった方は是非実際に食べてみてください。徳島に来て10年くらい経ちましたが、また新たに徳島のいいところを発見できて、猛暑も悪いことばかりではないなと思えました。今年の夏も次第に終わりが近づいておりますが、残暑は続きそうです。皆様体調にお気をつけて、暑い日はかき氷でも食べて乗り切りましょう!ありがとうございました。(岸本)

    一筆参上 from T-補綴.jp


    「収集」 こんにちは。インプラントセンターの川野です。 コロナウイルス感染症が少し落ち着きつつありますが、いかがお過ごしでしょうか。 私は気に入ったものがあると、昔からなにかと収集してしまいます。 大学在学中は服やスニーカーを収集していましたし、大学院では先輩の影響もありウィスキーを集めていました。ちなみに、スコットランドのアイラモルトが好きです。 徳島へ来てからは、イッタラ社のガラス製品を収集しています。 食器がお好きな方は、よくご存じかと思いますがイッタラはフィンランドのガラスメーカーです。 私が集めているものは、食器ではなくBirds by Toikkaという鳥の置物です。デザイナーのオイバトイッカさんが1972年から製作を開始し,定番のものに加え毎年限定のものが発売されています。また、1つ1つガラス職人さんが手作りするので、同じ種類のものでも大きさや形が微妙に違います。 そのため、実際に目でみて触って購入する楽しみがありコレクター心をくすぐります。色々な種類があるので、興味を持たれた方は一度イッタラのHPで見てみてください。 写真は我が家の玄関の鳥ゾーンです。小さくて黒っぽいキューウィはヘルシンキで購入してきたもので少し珍しいようです。一番大きなものは2019年の限定バードで、少し上向きなところが気に入っています。 コロナウイルス感染症への対応はまだまだ続きそうですが、僕たちも少しでも上向きで過ごせればと思う次第です。皆様も引き続き、健康第一でお過ごしください。(川野)

    一筆参上 from T一補綴.jp


    「Stay Home in Tokushima」 皆さん、ご無沙汰しております。松田 岳です。現在、世界中で新型コロナウイルスによる感染症が世界に広がっています。屋内や屋外のイベントの中止や延期が決まり、私が前回書いたマラソンの大会も今年は中止になってしまいました。何より東京オリンピックが延期になりました。オリンピックに興味がある人もそうでない人も「こんな2020年は誰も期待していなかった」というのが本音だと思います。今年のGWは不要不急の外出は自粛が要請され、県外に出掛けられる状況ではありませんでした。テレビやインターネットで盛んに家にいよう(Stay Home)運動が叫ばれ県内の商業施設も休業や短縮営業が広がっています。どこにも行けるところがありません(笑)。専ら私も仕事以外の外出は食料品の買い出しと、休日のジョギングに限られてしまいました。家で過ごしている中で気になることは、この未曾有のコロナ禍の後の世界はどうなっていくのかということです。私が今まで見たテレビなどの情報を総合すると、人類はコロナウイルス騒動の前には戻れないということです。私もそれがどのような世界か想像できませんが、大学では講義がオンライン化され、会議や学会もリモート開催になりました。ITやAI技術がますます進化を遂げ、対面で講義や講演をする機会が減るかもしれません。現在コロナ危機の真っ只中で、豊かな国は何とか危機を乗り越えられるかもしれませんが、そうではないアフリカや東南アジア、南米の国々はどうでしょうか。期間が長くなればなるほど、経済的に体力のない国は持ちこたえられないかもしれません。  現状、各国とも自分の国のことで一杯ですが、ウイルスが世界に広まっている以上、世界が連帯し協力してこの危機に立ち向かわないといけないということのようです。今はとにかく耐えて自分のできる感染対策を行い、“その後”の世界を見通して行動するための準備期間とポジティブに捉えてこの危機を乗り越えていきたいと思います。(画像は本文と関係ありません。すみません)       (松田)

    一筆参上 from T-補綴. jp


    「絵本」  子どもが少し大きくなりまして、よく絵本を読んでとせがんできます。テレビよりも絵本が好きで絵本が目に付くところにあれば、食事中、風呂上がり、早朝など時間を問わず絵本を持ってきます。そんな訳で毎日多くの絵本を読んでおりますが、その中でお気に入りのものをいくつか紹介したいと思います。 ① ねないこだれだ(せなけいこ)  夜更かしをする子がおばけにされてお化けの世界へ連れて行かれるという物語です。私も子どもの頃読んだことがありまして、今ではなんだか愛嬌があるようにみえるちぎり絵のお化けが当時はなんだか不気味で、子ども心に怖い絵本だったのを覚えております。ただ、まだお化けが分からない我が子は特に怖がる様子もなく、お気に入りの一冊となっております。この「ねないこだれだ」ですが、最近いろいろなグッズも販売されており、パジャマやTシャツなども我が家のお気に入りです。 ② こぐまちゃんシリーズ(わかやまけん)  こぐまちゃんとお友達のしろくまちゃんの日常生活を描いた絵本で、これも私が子どもの時に読んだことがあります。我が家では現在3冊持っておりますがシリーズ全てで15冊あるとのことです。おいしそうなホットケーキをつくる「しろくまちゃんのほっとけーき」が特にお気に入りとなってます。 ③ きんぎょがにげた(五味太郎)  逃げ出した金魚を追いかける物語で、テンポの良さと家の中のいろいろなものにカモフラージュされながら逃げ回る金魚を見つけるのが楽しい絵本です。最近では1番のお気に入りかもしれません。  こう見てみると我が家の絵本はほとんどが私が子どもの頃に読んだことがあるものでした。もちろん新しい絵本もおもしろいものがたくさんあると思いますので、また子どもと探していきたいと思います。 (岩脇)
    さらに見る