• 連載
  • 沿革
  • スタッフ紹介
  • 年間スケジュール
  • 研究テーマ
  • 研究室紹介
  • 教育内容
  • 新着情報
  • 連載
  • 研究室紹介
  • スタッフ紹介
  • 年間スケジュール
  • 研究テーマ
  • 新着情報
  • 連載
  • 研究室紹介
  •  のリスト

    とくトークに掲載されました


    当教室が徳島大学広報誌とくトークの「研究室へようこそ」のコーナーに掲載されました。ナビゲーターとして大学院生の倉橋宏輔と岸本卓大が取材を受けました。

    一筆参上 from T-補綴. jp


    My name is Fadyl, one of the foreign students who study at Tokushima University. I am from Indonesia and just came to Japan in April 2018. I want to share regarding the academic activities as the graduate student in Oral Sciences of Tokushima University. The major which I have been deeply learning is Prosthodontics Department. These have two departments of prosthodontics which one is ichi-hotetsu, means first prosthodontics with the field in prosthodontics and oral rehabilitation, and the other is ni-hotetsu, means second prosthodontics scoped in stomatognathic function and oral reconstruction. Additionally, the differences between both departments are ichi-hotetsu focused on the removable denture and ni-hotetsu read up fixed denture. The next question, what is prosthodontics department located me? I was placed in ichi-hotetsu, first prosthodontics. At the first semester, I commenced for learning basic research such as cell culture, western blot, polymerase chain reaction (PCR), flow cytometry, etc. Furthermore, I tried examination of histology and immunochemistry tissue after taking out DC cells from bone marrow of mice, in vivo study. My topic research field on immunology and metal allergy, thus I have to proficiency and scrutiny in the basic research. The others activity, campus is facilitated by lecture in class and e-learning, which are so interesting and updated. Furthermore, I took the Japanese language class, even if not obligatory, yet I think is really useful for my daily life to understand and communicate well in the Japanese language. Every month, we have a schedule to journal club and continue to discuss our progress report of the research with our supervisor, and also conduct to evaluate meeting about our research with Professor, based on the research topic. Every week, we hold the meeting for all of the members in our department that presenter takes a turn among of us. On the other hand, graduate students have the duty in the hospital to treat patients. But, for the foreign student, we don’t have the dentist license in here, so we just obligate become the assistant. The frequency to work in the hospital depends on the department, but in here at least twice a week. Moreover, sometimes the graduate school of oral sciences invites abroad speaker or guest speaker, who has a specialty in the particular research, therefore we can follow the class to get more insight about the novelty knowledge. In this time, I just emphasize about the internal research activities as graduate student in Tokushima university, someday I will continue my story concerning outside activities in the academic. Thank you.

    一筆参上 from T-補綴. jp


    「歯ブラシ」  先日、大学の後輩から誕生日の贈り物として電動歯ブラシをいただきました。今までは電動歯ブラシにそれほど興味を持っておりませんでしたが、いざ使ってみると、その便利さに驚きました。謳い文句にある通り、その歯ブラシの持つ優れた歯垢除去能力を体感しました。さらにはブラッシング圧が設定値を超えるとライトが点灯し、ブラシの動きが抑制されるほか、スマートフォンと連動することでブラッシング時間のモニタリングができるといった付加機能もついています。気になる方は一度使ってみてはいかがでしょうか。  さて、大学ではこの電動歯ブラシを使用している私ですが、家には電動ではない歯ブラシのコレクションがあります。少し前から集め始めたものですが、基本的には日本国外で購入した(していただいた)歯ブラシになります。写真でもお分かりいただけると思いますが、ブラシのヘッドがとにかく大きく、形状もなんとも物々しい雰囲気を醸し出しています。また普通の毛だけではなく、ゴム製の突起がついているものや、金だの炭だのといったものまで含まれていそうなものもあります。こんな歯ブラシで本当に磨けるのかと疑いを隠しきれません。この中のどれかを使ってみたいのですが、ついもったいなく思い、結局一つも開封しないまま現在に至っています。普段なにげなく行なっている歯磨きですが、奇抜な歯ブラシを使用するだけでちょっとした気分転換ができるかもしれません。(倉橋)

    2018年 医局旅行


    3月4日に教室の医局旅行で高知に行きました。口腔インプラントセンターおよび技工部にも参加いただきました。 この度の医局旅行は、一昨年に亡くなられました柏原先生のお墓参りを兼ねておりまして、高知市に到着したその足で霊園に行きました。 お墓は立派なもので、太平洋が見渡せる良い場所に建てられておりました。 その後、得月楼で美味しい会席料理をいただきました。 ここは昭和初期の花柳界を描いた宮尾登美子作「陽暉楼」の舞台となった場所です。室内を芳香で満たす古梅群に圧倒されました。 昼食後は高知城周辺での自由行動時間です。それぞれで高知を楽しんでいただけたかと思います。 そして旅の最後は徳島県に戻りまして、三好市箸蔵駅近くのうどん屋「さぬきや」で締めくくりました。 (倉橋)
    さらに見る