• 新着情報
  • 沿革
  • スタッフ紹介
  • 年間スケジュール
  • 研究テーマ
  • 研究業績
  • 研究室紹介
  • 教育内容
  • 研究内容
  • 連載
  • 新着情報
  •  のリスト

    川原博雄先生の学位授与


    当教室同門の川原博雄先生(美馬市開業)が大学院を卒業し、博士(歯学)の学位が授与されました。 研究題目は「Risk Factors for Tooth Loss in Patients Undergoing Mid-Long-Term Maintenance: A Retrospective Study」で、自院で調査した莫大なデータをもとに、歯の喪失リスクについてまとめたものです。 おめでとうございます。

    大学院生 岸本卓大の卒業と博士(歯学)の学位授与


     当教室の大学院生であった岸本卓大が大学院を卒業し、博士(歯学)の学位が授与されました。新型コロナウィルスの影響で卒業式はWeb配信となったため、本日記念写真を撮影しました。  研究題目は「Prefrontal cortex activity induced by periodontal afferent inputs downregulates occlusal force」で、歯根膜感覚と脳活動の関係についての研究で学位を取得しました。おめでとうございます。

    一筆参上 from T-補綴. jp


    「One Year After COVID-19 Declared as Pandemic – Newly Enrolled Student Point of View」 Hello everyone. My Name is Adit, a first-year graduate student in Prosthodontics and Oral Rehabilitation Department which enrolled during COVID-19 pandemic starting from Autumn 2020. I would like to share my experience on enrolling my Doctoral study in Tokushima University during this pandemic. After going through this pandemic for over than one year, what do you think about it? What’s the difference in our daily life? I would like to share my experience as an International student that enrolled during this pandemic. I supposed to enrol my study in Tokushima University from April 2020. At that time, just a week before my departure to Japan, my VISA becomes invalid, therefore my flight was cancelled due to the Japan’s travel restriction measures on COVID-19 prevention, until undecided time. Every month, I must call Japan’s Consulate General Office in my country to make sure when it’s possible to go to Japan. Finally, the long wait is over. I got informed that I can start my study in October 2020. However, there are some additional documents and examination such as Real-Time PCR test. My arrival to Japan was at the end of October, and I had to follow 2 weeks quarantine measure in a hotel near Narita International Airport. Therefore, I came to Tokushima in the middle of November, which is later around more than 1 month than the scheduled enrolment period. Therefore, I could not attend some classes, but fortunately there was one on demand online class that I can take at that time. As a first-year Doctoral student, besides performing research, I also joined Intensive Japanese Course provided by Tokushima University to learn Japanese Language for my daily life. This course method was also affected by the pandemic. Instead of performing face-to-face class daily, there was only 2 times offline classes every week, and the rest was performed online. Regarding to language learning, the interactions in face-to-face conversation, hiragana/katakana/kanji writing evaluation is better compared to online. Moreover, there are also some cultural activities that usually provided in this class which being cancelled due to pandemic. In my opinion, although this pandemic has made undesirable experience in our life, sometimes it also leads to some positive behaviours too. For example, in a health perspective, a lot of people starts to be aware about the importance of hand hygiene, maintaining healthy state by performing exercise and nutrition selection to maintain immune system, and so on. In terms of working method, some places which previously doesn’t familiar with digital technologies, started to adapt with this condition in terms of online meeting, classes, and other systems. Currently, many countries had been started the vaccination on COVID-19, including Japan. I hope this pandemic will be over soon so that we can do some activities as we supposed to do back then. Adityakrisna Yoshi Putra Wigianto

    論文が掲載されました


    教授市川哲雄がいろんな思いから執筆した論文「4年制口腔保健学科のあり方 -過去から未来へ-」がJournal of Oral Health and Biosciences 2021 年 33 巻 2 号 p. 29-32に掲載されました。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/johb/33/2/33_29/_article/-char/ja/ 口の悪い某先生が「読んで理解できるのが何人くらいいるか?」と言ったとか(笑)。 情けないことに、Abstractの最初からミスがありますが “Currently there is”→ “Currently there are”

    本が出版されました


    市川哲雄教授と永尾 寛准教授が執筆した教科書「有床義歯補綴学」が永末書店から出版されました。

    「阿波踊りのない日々」


    皆様お久しぶりです。2年半ほど前に阿波踊りについて投稿していた藤本です。 徳島といえば阿波踊り、阿波踊りといえば夏の風物詩といったイメージが強いかと思います。しかしここ徳島では、前回も少しふれたように思いますが阿波踊り会館やイベントの余興などで一年中阿波踊りを見ることができます。そんな中昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により夏本番の阿波踊りも戦後初めて中止され、イベントや阿波踊り会館での踊りも相次いで中止となりました。連に所属して年中踊っていた私ですが、3月からは全く踊ることなく、街中で阿波踊りの音色を聞くこともなかった今年の夏はあっという間に終わりを告げ、四季を感じることもないまま新年を迎えてしまいました。 徳島では感染者数は少なめではありますが全国的にみるとまだまだ猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症。この状況がいつまで続くのか不安を抱えながらの生活が続きますが、各々が今できる対策を精一杯行っていくことが元の生活に戻る近道なのかもしれません。一刻も早くコロナが終息し、またみんなで笑って踊れる日々がくることを願いながら過ごしていこうと思います。最近は寒暖の差が激しいですが、皆様もお体に気をつけてお過ごしください。(画像は2年前、今はなき徳島そごうの開店35周年記念のときのものです。) (藤本)

    南 憲一医員に博士(歯学)の学位授与


     南 憲一医員は、2020年5月14日付で博士(歯学)が授与されておりましたが、新型コロナウイルス感染症等の理由で記念写真の撮影、お祝い会がなされておりませんでした。  研究題目は「Effect of Semaphorin7A during the Effector Phase of Nickel Allergy」で、社会人大学院生でありながら、金属アレルギーの免疫研究で学位を取りました。  おめでとうございます。

    病院教授の称号授与


    当教室の出身(同門会所属)の徳島大学病院口腔インプラントセンター長の友竹准教授に病院教授の称号が与えられることが決まりました。当教室からは技工室長の永尾 寛病院教授に続いての称号付与となりました。

    一筆参上 from T-補綴. jp


    「Flashback 2019」 “Minna san ogenki desuka”? How are you, everyone? I hope we stay healthy during this tough condition of pandemic Covid-19. This situation has occurred almost 1-year since the first case in December 2019, in Wuhan-China. Meanwhile, the first infected people in Japan has been confirmed in January 2020 by the Japanese government. All the people in this world are still looking forward to producing the vaccine for overcoming this situation. For continuing our life, we should ensure to renew our activities- style which recognized as “new normal” by Covid-19 protocol. In this case, we might suppress the infection spread of Covid-19. At this time, I would like to share with you some external activities as a graduate student at Tokushima University. Of course, these pictures have been taken before the pandemic. In May 2019, I had a chance to attend the conference of the Japan Prosthodontic Society (JPS) in Sapporo, Hokkaido. I acquired a lot of knowledge particularly to update the procedures, technology, and clinical skill in prosthodontics treatment. Besides, I could enjoy seeing the magnificent city of Sapporo at night, eat delicious fish, and feel the cold weather. In June 2019, The International Affairs of Tokushima University held a tour for international students with the theme “Understanding Japanese Culture and Business Industry”. What a lucky person I was because there were only limited seats to join this activity. We tripped to Hyogo Prefecture, the first place was “The Great Hanshin-Awaji Earthquake Memorial”. This place was so interesting, informative, and educating. We could look at a lot of pictures, documentary collections, and mockups regarding the earthquake situation. Moreover, we were glad to see the theater with 3D glasses and it made us more aware to prepare for the earthquake disaster. On the next trip, we visited Himeji Castle or also, known as “white heron castle”. This castle was so large, sturdy structure, and spectacular. We were not only learning about the history of Himeji Castle but also, we could perceive the fresh air and nice view surrounding the castle. Subsequently, I had an opportunity to follow the 3MT Competition in Hiroshima as one of the representation students of Tokushima University in September 2019. It’s a precious experience that I could present my research idea in an astonishing stage. From the stunning students, I learned many things to be an outstanding public speaker such as dynamic of voice modulation, more confidence, and another communicating skill. By the way, I also suggest inserting Hiroshima City as one of your destinations if you will visit Japan. There is really convenient place for the visitor and belongs to the beautiful scenery. These are some experiences from the outside activities, I hope the normal condition will recover as soon as possible. The pandemic of Covid-19 is not always providing hardship situation, yet it can give us a positive way if we are staying positive thinking. Stay healthy and blessed all. Thank you. Mohammad Fadyl Yunizar, Graduate Student of Oral Sciences.

    図書が出版されました


    同門会正会員の今井守夫先生が書籍を出版されました。

    一筆参上 from T-補綴. jp


    「かき氷」 皆様お久しぶりです、岸本です。前回からほぼ2年が経過し、現在は大学院4年生です。また、今年の4月から歯科放射線科の助教として社会人大学院生となりました。新しい環境で今一度勉強することも多いですが、精進して参ります。 さて、今年は例年に比べて特に暑い夏となっており、最高気温が40度に近いところも多く見受けられました。今世間を騒がせている例のウィルスに加えて、熱中症にも気を付けなくてはなりませんね。そんな気候だったため、今年の夏はかき氷を食べにいくという機会が多かったです。ということで今回は、行ってみて良かったと思うかき氷のお店をおすすめしたいと思います。 「滝の焼き餅 和田の屋」 徳島駅から向かって、眉山の麓にあります。徳島名物である滝の焼き餅の本店です。 もちろん焼き餅も食べられます。かき氷は、和三盆と宇治抹茶、すだち、ももなどの種類がありました。私はすだち味を食べましたが、絶妙な甘酸っぱさであっさりとして、清涼感抜群でした。和三盆も濃厚かつ上品な甘さで人気が高いようです。また、私が行った日はとても暑かったのですが、山の緑に囲まれているからか店内は結構自然な涼しさがあってとても居心地が良かったです。 「パティスリー・リゼット」 弁天橋の南側にあるお店です。徳島ラーメンの「やまきょう」のすぐ向かいくらいにあります。主にはケーキ屋さんなのですが、午前11時からかき氷もやっています。シロクマ、ショコラ、マンゴー、ミックスベリーの4種類がありました。氷がふわふわで綿のようです。私はベリーを食べましたが、氷にミルクベースのような濃厚さがあり、これまた絶妙な相性でとても美味しかったです。ちなみにこのお店、私の住んでいるところから徒歩5分くらいの位置にありました。灯台下暗し。近所なので、他の味も制覇したいところです。 お店は他にもありましたが、今回は特に2軒ほどに絞らせていただきました。私の拙い文章ではうまく魅力が伝わるか不安が残りますので、気になった方は是非実際に食べてみてください。徳島に来て10年くらい経ちましたが、また新たに徳島のいいところを発見できて、猛暑も悪いことばかりではないなと思えました。今年の夏も次第に終わりが近づいておりますが、残暑は続きそうです。皆様体調にお気をつけて、暑い日はかき氷でも食べて乗り切りましょう!ありがとうございました。(岸本)

    学部長表彰


     当講座の石田雄一講師が、令和2年度歯学部長表彰〔教育部門〕の表彰者となりました。  卒前臨床実習センター副センター長として臨床実習のコーディネートを行い、また教室内においては長年、基礎実習のコーディネートを行っており、確かな臨床能力と情報リテラシーに基づく教育と臨床に貢献していることが評価されたものです。  教授会に先立ち、宮本歯学部長から表彰状と記念品が贈呈されました。
    さらに見る