• 新着情報
  • 沿革
  • スタッフ紹介
  • 年間スケジュール
  • 研究テーマ
  • 研究業績
  • 研究室紹介
  • 教育内容
  • 研究内容
  • 連載
  • 新着情報
  • 研究業績
  • 年間スケジュール
  • 教育内容
  • 研究内容
  • 新着情報
  • 研究業績
  •  のリスト

    第29回日本磁気歯科学会学術大会が開催されました


     第29回日本磁気歯科学会学術大会が令和元年11月9日(土),10日(日)に大分県で開催されました。  昨年度の研究基礎ゼミで当教室において研究を行った,歯学部4年生の深田有希さんがその成果を口演発表しました(自主的に読み原稿なし!)。他大学の研究者からは「大学院生に匹敵するような素晴らしい発表」とお褒めの言葉をいただきました。  参加された皆様,お疲れさまでした。

    論文がAcceptされました


    当教室の助教、岩脇有軌らの論文「アルコール含有義歯安定剤であるホームリライナーが呼気中アルコール濃度へ与える影響の評価」が日本補綴歯科学会誌にAcceptされました。

    公益社団法人日本補綴歯科学会第128回学術大会が開催されました


     当教室の市川哲雄が理事長を務める公益社団法人日本補綴歯科学会の第128回学術大会が2019年5月10日(金)―12日(日)に北海道札幌市で開催されました。当教室からは南 憲一が一般口演、石田雄一、岸本卓大がポスター発表を行いました。また同門会員の倉橋宏輔先生もポスター発表を行いました。11日の夜に行われた医局懇親会では同門の先生にもご参加頂き盛会のうちに終了することができました。今大会に参加された皆様、大変お疲れ様でした。  また6月に開かれる社員総会で現理事長の市川が退任することとなりました。市川先生、2年間の理事長の職、大変お疲れ様でした。

    第11回日本義歯ケア学会学術大会が行われました


     教室の市川哲雄が理事を務める日本義歯ケア学会の第11回学術大会が2月2日(土)、3日(日)に東京医科歯科大学 歯学部特別講堂で開催されました。当教室からは岩脇 有軌が一般口演で義歯安定剤に関する発表を行い、優秀口演賞を受賞しました。また、2日夜には懇親会が行われました。

    論文が掲載されました。


    友竹偉則らの論文「歯摩剤に配合された顆粒成分のインプラント周囲溝への浸入性の調査」が日本口腔インプラント学会誌 31(4), 2018に掲載されました。

    平成30年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会が行われました


     教室の市川哲雄が理事長を務める公益社団法人日本補綴歯科学会の中国・四国支部学術大会が9月1日(土)、2日(日)に徳島大学大塚講堂で開催され、当教室が当番校を務めました。大会長は同門会員の佐藤修斎先生(徳島県歯科医師会副会長、徳島県で開業)、準備委員長は渡邉 恵が務めました。当教室からは永尾 寛が一般口演の座長を務め、大学院生の倉橋宏輔が口演発表を行いました。1日の夜に行われた学会懇親会では翌日の市民フォーラムでパネリストを務める「チーム娘にゃんドル」のミニライブも行われ大変盛況な会となりました。学会、懇親会共に県内外の多くの同門の先生方にもご参加頂きました。学会の模様を掲載致します。本大会にご参加の皆様、運営に携わった皆様大変お疲れ様でした。

    論文が掲載されました


    市川哲雄、岩脇有軌らの論文が歯界展望に掲載されました。

    論文がAcceptされました


    当教室の藤本けい子らの論文「Tongue Thickness and Its Clinical Significance」がJournal of Oral Health and BiosciencesにAcceptされました。

    図書が刊行されました


    服部正巳先生が編集された「金属アレルギーをまなぶ メタルフリー治療へのファーストステップ」が永末書店より刊行されました。当教室の渡邉が分担執筆しております。 http://nagasueshoten.shop-pro.jp/?pid=131877002

    平成30年度老人保健健康増進等事業が認められる


    徳島大学歯学部が事業主体(尾崎和美教授が代表研究者、市川は共同研究者)となって申請した平成30年度老人保健健康増進等事業「中山間地域におけるICT利活用によるフレイル・オーラルフレイル予防のためのベストプラクティス確立・普及に関する調査研究事業  ~阿波なかつむぎProject~」が採択されました。 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000210261.html 昨年度の「中山間地域の地域包括ケアシステム構築における食支援連携促進に資するICT利活用に関する調査研究事業~那賀イ~と、つながる・みまもるProject~ (研究代表者:白山靖彦)」に続くものです。

    論文がAcceptされました


     当教室で学位を取得した馬場拓郎(富山市で勤務、同門会員)の論文「Geniohyoid muscle affects directly masticatory function: Evaluation using a decision tree analysis」がThe International Journal of ProsthodonticsにAcceptされました。

    論文がAcceptされました


    当教室の助教、岩脇有軌らの論文「Effect of the temperature of water on ultrasonic denture cleaning」がJournal of Oral ScienceにAcceptされました。
    さらに見る