• 研究業績
  • 年間スケジュール
  • 教育内容
  • 研究内容
  • 新着情報
  • 研究業績
  •  のリスト

    川原博雄先生の学位授与


    当教室同門の川原博雄先生(美馬市開業)が大学院を卒業し、博士(歯学)の学位が授与されました。 研究題目は「Risk Factors for Tooth Loss in Patients Undergoing Mid-Long-Term Maintenance: A Retrospective Study」で、自院で調査した莫大なデータをもとに、歯の喪失リスクについてまとめたものです。 おめでとうございます。

    大学院生 岸本卓大の卒業と博士(歯学)の学位授与


     当教室の大学院生であった岸本卓大が大学院を卒業し、博士(歯学)の学位が授与されました。新型コロナウィルスの影響で卒業式はWeb配信となったため、本日記念写真を撮影しました。  研究題目は「Prefrontal cortex activity induced by periodontal afferent inputs downregulates occlusal force」で、歯根膜感覚と脳活動の関係についての研究で学位を取得しました。おめでとうございます。

    論文が掲載されました


    教授市川哲雄がいろんな思いから執筆した論文「4年制口腔保健学科のあり方 -過去から未来へ-」がJournal of Oral Health and Biosciences 2021 年 33 巻 2 号 p. 29-32に掲載されました。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/johb/33/2/33_29/_article/-char/ja/ 口の悪い某先生が「読んで理解できるのが何人くらいいるか?」と言ったとか(笑)。 情けないことに、Abstractの最初からミスがありますが “Currently there is”→ “Currently there are”

    本が出版されました


    市川哲雄教授と永尾 寛准教授が執筆した教科書「有床義歯補綴学」が永末書店から出版されました。

    学会でポスター賞を受賞しました


     助教の後藤崇晴が、日本咀嚼学会第31回学術大会において優秀ポスター賞を受賞しました。

    南 憲一医員に博士(歯学)の学位授与


     南 憲一医員は、2020年5月14日付で博士(歯学)が授与されておりましたが、新型コロナウイルス感染症等の理由で記念写真の撮影、お祝い会がなされておりませんでした。  研究題目は「Effect of Semaphorin7A during the Effector Phase of Nickel Allergy」で、社会人大学院生でありながら、金属アレルギーの免疫研究で学位を取りました。  おめでとうございます。

    病院教授の称号授与


    当教室の出身(同門会所属)の徳島大学病院口腔インプラントセンター長の友竹准教授に病院教授の称号が与えられることが決まりました。当教室からは技工室長の永尾 寛病院教授に続いての称号付与となりました。

    図書が出版されました


    同門会正会員の今井守夫先生が書籍を出版されました。

    論文がAcceptされました


     当教室の社会人大学院生の岸本卓大らの論文、「Application of artificial intelligence in the dental field: A literature review」がJournal of Prosthodontic ResearchにAcceptされました。

    論文がAcceptされました


     当教室の助教の藤本けい子らの論文、「Dose masticatory ability contribute to nutritional status in older individuals?」がInternational Journal of Environmental Research and Public Healthに、助教の後藤崇晴らの論文、「Does periodontal tactile input uniquely increase cerebral blood flow in the prefrontal cortex?」がBrain Sciencesに、「Reliability of screening methods to diagnose oral dryness and evaluate saliva secretion」がDentistry JournalにそれぞれAcceptされました。

    学会でポスター賞を受賞しました


    教室のOBでこの春から九州大学で勤務している水頭英樹先生が、日本補綴歯科学会第129回学術大会において優秀ポスター賞(デンツプライシロナ賞・バイオロジー・バイオマテリアル部門)を受賞しました。九州大学でもこれまで以上にご活躍されることを期待しています。

    図書が出版されました


    教室の市川哲雄が編集し、永尾 寛、渡邉 恵、後藤崇晴、佐藤修斎、林田有貴子、東山祐陽の教室員、同門会員が執筆した本が出版されました。
    さらに見る