• 研究業績
  • 年間スケジュール
  • 研究内容
  • 新着情報
  • 研究業績
  •  のリスト

    論文がAcceptされました


     当教室の倉橋宏輔らの論文、「Effect of surface treatments on shear bond strength of polyetheretherketone to autopolymerizing resin」がDentistry JournalにAcceptされました。

    論文がAcceptされました


     当教室の大学院生の岸本卓大らの論文、「Prefrontal cortex activity induced by periodontal afferent inputs downregulates occlusal force」がExperimental Brain ResearchにAcceptされました。

    論文がAcceptされました


     当教室の社会人大学院生の檜原 司、助教の後藤崇晴らの論文、「Assessment of potential clinical cascade between oral hypofunction and physical frailty: Covariance structure analysis in a cross-sectional study」がJournal of Oral Rehabilitationに、「Investigating eating behaviors and symptoms of oral frailty using questionnaires」がDentistry JournalにAcceptされました。

    論文がAcceptされました


    当教室の助教、岩脇有軌らの論文「アルコール含有義歯安定剤であるホームリライナーが呼気中アルコール濃度へ与える影響の評価」が日本補綴歯科学会誌にAcceptされました。

    公益社団法人日本補綴歯科学会第128回学術大会が開催されました


     当教室の市川哲雄が理事長を務める公益社団法人日本補綴歯科学会の第128回学術大会が2019年5月10日(金)―12日(日)に北海道札幌市で開催されました。当教室からは南 憲一が一般口演、石田雄一、岸本卓大がポスター発表を行いました。また同門会員の倉橋宏輔先生もポスター発表を行いました。11日の夜に行われた医局懇親会では同門の先生にもご参加頂き盛会のうちに終了することができました。今大会に参加された皆様、大変お疲れ様でした。  また6月に開かれる社員総会で現理事長の市川が退任することとなりました。市川先生、2年間の理事長の職、大変お疲れ様でした。

    Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KAPに参加しました


     2019年3月30、31日、韓国、ソウルにてThe 7th Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KAPが開催されました。教室の市川哲雄が日本補綴歯科学会理事長としてGala dinnerで挨拶し、後藤崇晴がポスター発表を行いました。

    第11回日本義歯ケア学会学術大会が行われました


     教室の市川哲雄が理事を務める日本義歯ケア学会の第11回学術大会が2月2日(土)、3日(日)に東京医科歯科大学 歯学部特別講堂で開催されました。当教室からは岩脇 有軌が一般口演で義歯安定剤に関する発表を行い、優秀口演賞を受賞しました。また、2日夜には懇親会が行われました。

    論文が掲載されました。


    友竹偉則らの論文「歯摩剤に配合された顆粒成分のインプラント周囲溝への浸入性の調査」が日本口腔インプラント学会誌 31(4), 2018に掲載されました。

    論文がAcceptされました


     市川哲雄らの論文「Use of a polyetheretherketone clasp retainer for removable partial dentures: A case report」と岩脇有軌らの論文「Comparison between two assessment tests for oral hygiene: adenosine triphosphate + adenosine monophosphate swab test and bacteria number counting by dielectrophoretic impedance measurement」がともにDentistry JournalにAcceptされました。

    論文が掲載されました


     岩脇有軌、市川哲雄の論文「義歯安定剤中に含有されるアルコールの呼気検査へ影響」が日本歯科評論のトピックに掲載されました。

    図書が刊行されました


     教室の市川哲雄が理事を務める日本義歯ケア学会から「らくらくお口のケア 義歯ケア事典」が刊行されました。当教室の市川、渡邉、後藤、岩脇、南の他にも、当教室で学位を取得した歯科放射線学分野の水頭英樹、総合診療歯科学分野の松田 岳も分担執筆しております。  https://nagasueshoten.shop-pro.jp/?pid=134706323

    平成30年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会が行われました


     教室の市川哲雄が理事長を務める公益社団法人日本補綴歯科学会の中国・四国支部学術大会が9月1日(土)、2日(日)に徳島大学大塚講堂で開催され、当教室が当番校を務めました。大会長は同門会員の佐藤修斎先生(徳島県歯科医師会副会長、徳島県で開業)、準備委員長は渡邉 恵が務めました。当教室からは永尾 寛が一般口演の座長を務め、大学院生の倉橋宏輔が口演発表を行いました。1日の夜に行われた学会懇親会では翌日の市民フォーラムでパネリストを務める「チーム娘にゃんドル」のミニライブも行われ大変盛況な会となりました。学会、懇親会共に県内外の多くの同門の先生方にもご参加頂きました。学会の模様を掲載致します。本大会にご参加の皆様、運営に携わった皆様大変お疲れ様でした。
    さらに見る