• 研究業績
  • 年間スケジュール
  • 教育内容
  • 研究内容
  • 新着情報
  • 研究業績
  •  のリスト

    論文賞を受賞しました


    教室員の永尾が共著者となっている口腔機能低下症の老年歯科医学会見解論文の英語版がGerodontologyのthe Robin Heath Award for the most-cited paper in Gerodontology受賞しました。

    日本補綴歯科学会の学会賞(学術賞)を受賞しました


    教室の市川哲雄が令和2年度公益社団法人日本補綴歯科学会の学会賞(学術賞)を受賞しました。本賞は、多年にわたり補綴に関連する学術研究において特に顕著な貢献があったと認められた研究者を表彰するものです。

    著作が上梓されました


    教授の市川哲雄が企画・編集し、教室員の多くが執筆、協力した著作「補綴は検査でかわる」が永末書店から上梓されました。

    論説文が掲載されました


    教授の市川哲雄の論説文が、日本歯科医師会雑誌6月号「内の目外の目」に掲載されました。

    論文がAcceptされました


    当教室の市川哲雄が共著者である論文「Unsaturated Fatty Acid Salts Remove Biofilms on Dentures」がScientific ReportsにAcceptされました。 本論文は、(株)花王の開発した義歯洗浄の技術を報告した論文です。

    論文がAcceptされました


    当教室の大学院生のMOHAMMAD FADYL YUNIZARらの論文「Current Development Status of Additive Manufacturing Technologies for Fabricating Frameworks of Removable Partial Dentures: Literature Review」がInternational Journal of Computerized DentistryにAcceptされました。

    川原博雄先生の学位授与


    当教室同門の川原博雄先生(美馬市開業)が大学院を卒業し、博士(歯学)の学位が授与されました。 研究題目は「Risk Factors for Tooth Loss in Patients Undergoing Mid-Long-Term Maintenance: A Retrospective Study」で、自院で調査した莫大なデータをもとに、歯の喪失リスクについてまとめたものです。 おめでとうございます。

    大学院生 岸本卓大の卒業と博士(歯学)の学位授与


     当教室の大学院生であった岸本卓大が大学院を卒業し、博士(歯学)の学位が授与されました。新型コロナウィルスの影響で卒業式はWeb配信となったため、本日記念写真を撮影しました。  研究題目は「Prefrontal cortex activity induced by periodontal afferent inputs downregulates occlusal force」で、歯根膜感覚と脳活動の関係についての研究で学位を取得しました。おめでとうございます。

    論文が掲載されました


    教授市川哲雄がいろんな思いから執筆した論文「4年制口腔保健学科のあり方 -過去から未来へ-」がJournal of Oral Health and Biosciences 2021 年 33 巻 2 号 p. 29-32に掲載されました。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/johb/33/2/33_29/_article/-char/ja/ 口の悪い某先生が「読んで理解できるのが何人くらいいるか?」と言ったとか(笑)。 情けないことに、Abstractの最初からミスがありますが “Currently there is”→ “Currently there are”

    本が出版されました


    市川哲雄教授と永尾 寛准教授が執筆した教科書「有床義歯補綴学」が永末書店から出版されました。

    学会でポスター賞を受賞しました


     助教の後藤崇晴が、日本咀嚼学会第31回学術大会において優秀ポスター賞を受賞しました。

    南 憲一医員に博士(歯学)の学位授与


     南 憲一医員は、2020年5月14日付で博士(歯学)が授与されておりましたが、新型コロナウイルス感染症等の理由で記念写真の撮影、お祝い会がなされておりませんでした。  研究題目は「Effect of Semaphorin7A during the Effector Phase of Nickel Allergy」で、社会人大学院生でありながら、金属アレルギーの免疫研究で学位を取りました。  おめでとうございます。
    さらに見る